kegoya けごや

展示会御礼と11月のopen day

generaL STORE さんでの展示会とイベントに足を運んでくださった皆様、ご参加頂いた皆様、ありがとうございました。

見てみたい世界を実現させてくれるファミーユさんとgeneraL STORE さんの魔法にみんなでかかったような時間でした。

また何かできたらとお話しています。またの機会お楽しみに!

11月のopen day は2日(金)3(土)です。

generaL STORE でご一緒した吉田まりさんのイラストも展示させて頂きます。この機会にぜひお運びください。

ぽたじぇさんからは季節のお菓子が届きます。

お天気がよければ焼き芋しながらお待ちしています。

皆様のお越しをお待ちしています。

冬季はclose となります。

来年は雪の状況をみて5月か6月からとなります。

 

冬の間、企画展に参加します。

12月 seats 新潟県新発田市

2019年2月 sora 静岡県三島市

どちらも素敵な空間です。

何を見たいか、また心に描きながら作りたいと思います。

お近くの方はぜひお出かけください。

 

10月のopen dayはお休みです

10月のopen dayは20日からの茨城・generaL STOREさんでの展示会準備のためお休みさせて頂きます。
次回open dayは11月2日(金)3日(土)となります。
*変更となる可能性もございますので、
お手数ですが事前にインスタグラムでご確認お願いします。

9月のopen day

9月 open day

7日(金)8日(土)

12:00-17:00

山形市のmoco choco さんから秋の素材のお菓子が届きます。

実りに向かい少し褪せてきた緑にも似合う茶色のかごもご用意しています。

皆様のお越しをお待ちしております。

 

8月のopen day

季節はどんどん巡って山形の子たちはもう夏休み。
6月のopen day で掘って虫かごに入れておいたカブトムシの幼虫は
立派な角をつけて出てきました。

8月のopen dayは3日(金)4日(土)です。
12:00~17:00

和洋折衷で浴衣に似合うかごもご用意しています。

8月と9月は山形市のmocochocoさんから涼しげなお菓子が届きます。
どうぞお越しください。

7月のopen day

7月のopen dayは6日(金)7日(土)です。
12:00~17:00

山形も夏本番になってきました。

夏のお出かけに連れていけるかごもご用意しています。

ぽたじぇさんからは季節のスコーンサンドとタルトが届きます。
山形の短い夏、暑い中にも緑が鮮やかで爽快です。
どうぞお越しください。

6月のopen day

6月1日(金)2日(土)はopen dayとなっております。
12:00~17:00

様々なかごをご覧頂けるよう展示スペースを作りました。
山形にも遅い春がきました。
ぜひお越しください。

両日とも *「出張ぽたじぇ」 
kegoya産小麦粉を使ったお菓子とコーヒー(有料)
http://jamkoubou.berrys.itigo.jp/

2日(土)のみ *「風船気球で記念撮影」 
たくさんの風船をつけた大きなかごに入って気球ごっこ。写真家が撮影してくれます。
お子様の記念にどうぞ。(有料)参加の方にカブトムシの幼虫プレゼント(自分で掘ってみて!) 

その他、朝採れの山菜ブーケを販売する予定です。

open dayページを作りました

色々なかごを手にとってしっくりくるかごを見つけて頂けたらうれしいな、と
アトリエである木小屋の一部に展示スペースを準備してきました。

今年は雪のない季節に月に2日ほどオープンします。
kegoyaで栽培した小麦粉のお菓子をご用意して
お待ちしています。

自然の中、ゆっくりして頂ける時間となったらうれしいです。

・・・・・・・・・・・
menuからopen day のページを追加しました。

今年のopen dayは
6/1.2
7/6.7
8/3.4
9/7.8
11/2.3

を予定しています。
基本は第1金曜日と翌土曜日です。
※変更することもございますので、お出かけ前にinstagramでご確認ください。

お菓子協力:ぽたじぇ

6月1日と2日はぽたじぇさんが出張してくれます。
季節の果物とkegoya製小麦粉を使ったお菓子を考えてくれます。
どうぞお楽しみに。。

・・・・・・・・・

4月5月の連休中など、
open day以外の日は見学などの対応はできかねますので、ご遠慮ください。

こちらはコブシや桜がちらほら。
厳しい冬だったので、今年は春がとても優しく感じられて冬より好きになりました。
美しい冬と優しい春。毎年せめぎ合うのも楽しいな。。

よい春をお過ごしください。
     

天然生活さん取材に来ていただきました

年が明け、もう数週間経ちました。

山形も寒波に襲われて、水道も道路も凍り付き、
ただただ家族で無事にあたたかいごはんを食べて、あたたかい湯たんぽ入りの布団で寝られる日々に感謝です。
2月20日発売の雑誌『天然生活4月号』に掲載して頂く予定で、先日、編集部の方、カメラマンさん、ライターさんに取材に来ていただきました。
かごと箱の収納の特集で、『かごづかいとわたしの収納』をテーマに、母屋や木小屋のあちこちを撮影していただきました。
自分で作ったかごもたくさんありますが、フリマで出会ったトランクなど、若い頃から集めていたかごの存在に気づき、昔から好きだったんだなーと改めて感じました。
ここ山形でもらった古いかごもいろいろ。
『布は一枚で印象ががらっと変わるけど、かごはいくら増えても印象が邪魔じゃないというか、いいですね。樹皮やつるは自然のものだから、統一感があって、家具みたい。ちょっとした収納が増えていく感じ。」とライターの福山雅美さんの言葉にも納得しました。
いつも口をぽっかり空けて自立して待っていてくれるかご。
壁などにかけておけば、たまに使うけどとっさに取り出したいもの(カメラや毛玉用ブラシやラッピング用品や。。)子どもの手の届かないところに置きたいもの(あめやお菓子、はさみ類)など、収納に便利です。
お出かけのときに使うけど、そうじゃないときも、マチの薄いかごはかけて書類を入れておいたり、背の高いかごは家具のすきまに置くと長いものも置けたり、いろいろな場面で撮影いただきました。
若い頃から憧れていた雑誌。どんな誌面になるのか楽しみです!
そして、お持ちのかごや、これからかごを選ぶときにも、収納の場面でのアイデアになりましたらうれしいです。ぜひご覧ください。

作り手の本棚

12月2日に行われます『風50+展』。

『作り手の本棚』という企画で各作家が出会ったものづくりに関わる本が集まります。

作家の作品や本について紹介されたdirector’s voiceもはじまっていますので、ぜひご覧ください。
展示会は1日限りとなっていますので、一部抽選販売となります。

詳しくはこちらへ↓

一部抽選販売について

工房からの風第15回記念冊子『風50+』展

                    photo by mari yoshida

 

工房からの風2017が終わり、3週間も経ってしまいました。

遅くなりましたが、雨の中たくさんの方にお越しいただき、ありがとうございました。

藤棚の下、柵を広げて広々と、といった展示は雨のためできませんでしたが、テントの中の柵にもりもりとかけたかごや、晴れ間を見て木の枝に吊るしたシャンデリア・イルミネーションの風景を見ていただけたのが何よりでした。

初日のはじまりは雨も途絶えて、少しテントの外へ飛び出したりかごも元気に展示できました。

そのときは写真が撮れなかったので工房からの風のブログに挙げてもらっていた様子をリンクします。

そして、12月2日(土)にニッケコルトンプラザで記念冊子『風50+』展が行われます。

掲載作家の作品が展示販売されます。

わたしも在廊する予定ですが、他の作家さんの作品を目のあたりにする機会、

今からソワソワしています。

 

風50+

『記念図録冊子刊行販売
「風50+」オールカラー64頁
過去14回に出展された作家の中から51名の作家による
代表作の作品写真とプロフィール。
そして「作家にとっての幸せ」についての全員からの文章で構成されています。
参加作家は以下の皆様です。(掲載順)
 
荒川尚也・舞良雅子・下地康子・成田理俊
伊藤環・菅原博之・安齋新、厚子
津田清和・富井貴志・川端健夫
藤崎均/studio fujino・名古路英介
香田進・佳子/アトリエ倭・加藤キナ
大濱由惠/Ohama・長野麻紀子/Anima uni
吉田史/OLD TO NEW・長南芳子/a.A.
立川博章/LCF・大桃沙織・佐々木ひとみ
佐藤祐子・松塚裕子・大谷哲也・大谷桃子
中本純也・大野七実・萩原千春・萩原朋子
瀬川辰馬・岡本純一/Awabi ware・熊谷峻
さこうゆうこ・井上枝利奈・海藤博・波多野裕子
齋藤田鶴子・冨沢恭子・いわもとあきこ
高見由香・濱野太郎・宮本佳緒里・戸塚みき
勢司恵美・熊谷茜・吉田慎司・鈴木有紀子
森友見子・にしむらあきこ
浅野英雄、眞左子/初雪・ポッケ・クロヌマタカトシ』(工房からの風ブログより)
 
いよいよあと一週間近くとなりました、工房からの風。
今年は15周年記念の図録も作成され、当日販売されます。
kegoya(熊谷茜)も記念のこのタイミングで本に綴じられることになり、本当に幸せです。
はじめて出展した2009年にご一緒した同期の作家さんもちらほら。
ご一緒したことはなくても、作品からもそうですが、作る日常が一緒ということでどこか影響を受け、今後も受け続ける作家さんたちと一冊の本に綴じられることは、はじめてかごを編んでから14年経つ私にとって、大きなごほうびのようです。
 
今回、作品写真と一緒に文章を寄せています。
「作家にとっての幸せ」というテーマが編集をされる稲垣さんから投げかけられました。
『ものづくりにはいろいろな苦労があるけれど、それを超えた幸福が作家にはある。
だからこそ、この仕事が続いている。ならば、作る人たちの幸せを一冊に編んでみよう。(工房からの風ブログより)』
 
二人の子どもが産まれたここ5年ほどは、いろいろな人に助けられながら、なんとか子どもと無事に生活する、という毎日でした。
本や映画などからは離れ、頭の中も空っぽで文章なんて出てこないと思っていました。
でも、「作家にとっての幸せ」というテーマでは、球根の形のかごのことを書くことができました。
球根との対話のような、確かにあったあの時間を真空パックにできたようでした。
 
合間合間に手が作り続けた時間と、空っぽではなく、作っていくこと自体が思考や好奇心をつないできた、ということの発見。
本当に、うれしかった。
この機会をくださった稲垣さんありがとうございます。
すっきりとした図録です。
たくさんの作家さんたちの幸せを内包した種のような言葉が詰まっています。色々な方へ届きますように。
 

緑の似合うかごたち

Photo by ueno takahiro

Photo by ueno takahiro

Photo by ueno takahiro

 

工房からの風では手仕事の庭の藤棚が2日間kegoyaブースとなります。

野外の展示風景を想っていたら緑の似合うかごたちができてきました。

たまにはガーデンパーティーを、と気楽にできるようになりたいなという願望が形になったような。。当日のお天気よくなりますように!

チャリティーの実り

工房からの風 祝15周年!

今年のメインビジュアルは15にかけて「いちご」です!

当日は「チャリティーの実り」という企画も会場で行われます。

『「工房からの風」では、2011年の東日本大震災以降、毎年メセナ協議会の「GBFund」(芸術文化復興支援)へのチャリティー活動を続けています。現在は毎年各地で起きてしまう天災に対しても芸術文化で復興を支援する仕組みとして「GBFund」(芸術文化復興支援)が継続して活動を行っており、本年も「工房からの風」ではチャリティー販売を行ない、その売上金の全額を寄付することといたしました。「工房からの風」では、2011年の東日本大震災以降、現在は毎年各地で起きてしまう天災に対しても毎年メセナ協議会の「GBFund」(芸術文化復興支援)へのチャリティー活動を続けています。』

GBFundについて

主にいちごに関連したチャリティー作品が参加作家から出品されます。kegoyaからは「berry picking basket」です。wild berryを摘むような小さなかごを作りました。

10月15日15時~お客様よりおひとり様1500円以上のご寄付でくじを一つお引きいただきます。引き当てられた番号の袋をお渡しいたします。

集まった全額は「GBFund」に寄付されます。ぜひご参加ください。

 

 

 

 

工房からの風2017出展

工房からの風2017に出展します。

10月14日(土)~15日(日)

千葉県市川市 ニッケ鎮守の杜

工房からの風HP

 

野外展ですが、約50人の個展と捉えて頂きたい内容です。

今年は15周年記念。

昨年のメセナ大賞受賞を記念して、「風50+」という企画が進んでいます。

今まで出展した作家の中から51作家の作品と文章で構成された図録が作成されます。

作家自身が自分の「真ん中」を見つめ言葉にしていく作業は、

制作をしていく過程の足元と目線の先を照らして長い間光源となります。

自分の中に少し見えているものを言葉や形にしていくこと。

工房からの風で得られる自分への光源をちゃんと見つけてこよう、という気持ちです。

 

 

 

 

 

楽しい風を運ぶ人

 

竹かご屋・市川商店を営む5代目店主、市川伴武さん(通称バンブさん)は、山形までいつも楽しい風を運んできてくれます。海外の田舎町で開かれたかごの世界大会へ参加した様子など、私にとってわくわくする夢のような話を教えてくれます。

この度は「ほぼ日刊イトイ新聞」の運営する「TOBICHI」というイベント会場で市川商店さんの展示販売会に出品させていただくことになりました。飛び地という言葉もほぼ日らしく、何かわくわくの始まるところな気がします。6月9日~11日の3日間です。詳しくはお知らせページに紹介しています。

写真のかごは、バンブさんがkegoyaにはじめていらっしゃったときに気に入ってくださったBOSTON BAGです。布作家omotoさんとの共作で、帆布のリネンを使い、あけびではアナログなカギシステムをつけています。布とかごのこのつくりは、荷物を保護したり、荷物がないときはぺたんと薄くなるなど、布とかごの両方の良さを活かしています。旅が楽しくなりそうなかごです。

antique market

山形は八重桜や、白や緋色の桃が咲き、外に目をやるだけで気持ち良い季節です。

5月21日(日)に福島・土湯の山の上にある空cafeさんで『antique market』に参加します。

1日だけのみの市のような会場になるantiqu market.

フランスやイギリスのアンティーク雑貨や日本の古いものなどが並び、各出店者さんのお店もとても素敵です。

kegoyaからはかごやかご細工の小物、R&D.M.さんの作るアンティークの柄のようなHAND PRINTの服も少し並べます。

春の陽気のもと、空cafeさんのゆったりした時間を過ごしにおでかけください。

 

『そだてるかご展』ありがとうございました

feveさんの展示も無事終了しました。

ひとつずつのかごと出会いがあり、ありがとうございました。

GW中の断捨離で出てきた道具を入れていたかごに、花を植えました。

そだてるかご、みなさんのおうちでも楽しんでいただけますように。

 

明日からギャラリーfeve『そだてるかご展』

ひきつづき、東京・吉祥寺のギャラリーfeveさんにてGW期間に行われます『そだてるかご展』に参加します。

手に提げても、置いておいても、美しい佇まいのかごも送りました。

木やつるでいた生は終わっても、出会った方との永い時間、かごとして大切に育ててもらえたらと思います。

la palette atelierさんでの展示ありがとうございました

先日、愛知県La palette atelierさんでの『森の中から…』展が無事終了しました。

遠方からもたくさんの方にお越しいただき、ありがとうございました。

ゴミ箱など、久々にお作りしたアイテムもお選びいただき、うれしく思います。

森から生まれたかごがいろいろな方のお宅へ着いて、これから長い日常の物語の一部になりますように。。。

初雪・ポッケさんと合同展

4月21日から愛知県のLa palette atelierさんではじまる合同展に向け、ひとつずつかごができてきました。

今回は、アクセサリーを作り出すご夫婦ユニット、「初雪・ポッケ」さんと合同展です。他でお会いしたこともありましたが、今回「物語がはじまりそうなkegoyaさんのかごに似合うと思って。」ということで、La paletteさんがマッチングしてくださいました。

お二人は作品づくりと子育てもされていて、ファンタジーでありながら精巧な作品は、物語か現実かの線引きが曖昧になってしまいそうです。きっとお子さんにも日常のお仕事をする姿から物語への扉は開かれているのでしょうね。

わたしのかごも、子どもにとってそうありたいなと、日々絵本と結びつけてオオボラ吹いています・笑

初雪・ポッケさんHP

作っています&はじめました

ブログをなかなか更新できずにいました。

パソコンをひらくと楽しいおもちゃを開いているように見えるちびっこたちが

ぱちぱち遊びだし、パソコンもかたまりだし、の繰り返し。。

でも木小屋ではいろいろ作っています。

今年前半の展示の予定です。

□4月21日(金)~26日(水)~愛知・蒲郡 la pallete attelierにて

『初雪・ポッケ(金属×木工/装身具作家)』さんと合同展

□4月29日~東京・吉祥寺 gallary feveにて

『かご展』に数点ですが参加します。

詳しくはお知らせページにご案内します。

今年もよろしくおねがいします。

子どもたちのいない隙にupできそうなインスタグラムはじめました!

写真は針山デラックス 笑

 

funagoya湯たんぽカバー

だんだんと冬が近づいてきました。

昨年は牡鹿のお母さんたちの編むニット・funagoyaの展示会がこの時期でした。

被災地支援からはじまり、昨年はじめて展示会という気持ち的にも大きな形を結びました。

多くの方に受注をいただき、冬を越して春までかかってしまいましたがお届けできたことをうれしく思います。

たくさんの受注に編み手の方がお体を壊されたり、遠距離からのわたしのサポート体制にも不備があったりと、お客様には大変ご迷惑をおかけしましたが、編まれたあたたかなニットたちはそれぞれのお宅でこの冬も出番を待っていることと思います。

 

2016年の秋冬は受注会をお休みしますが、よいものをよい気持ちで作るペースを模索するやっとスタートに立てたところです。

generaL STOREさんからはおかげさまでこの秋冬に1シーズン編む分の受注をいただきました。

店頭にはニット帽などが少しお届けできる予定ですので、ご興味のある方はチェックしてみてください。

来年からは春夏から編んで、秋に手にとってご覧いただける展示会を企画中です。

もう新作の準備でいくつか編み上げてもらいましたが、今シーズンも編んでくださる小さなアイテムのご紹介です。

funagoya 湯たんぽカバー ¥6000(税込¥6480) 本体セット¥7400(税込¥7992)

color:white(写真)/natural/brown heather/brown

kimg0369 kimg0363 kimg0364 kimg0365

 湯たんぽ本体はFashy社ドイツ製で水枕にも使えます。

もう本体はお持ちの方はカバーのみのご購入もできますのであたたかい手編みのカバーに着せ替えると肌触りも優しいですよ。

本体が柔らかいのでおふとんの中の足元はもちろん、冷える首や肩のあたりにも使えます。

椅子に座っているときにひざ上に置くこともできて、お仕事中もじんわりあたたかいです。

フックで吊るせるのでカバーをつけたままお湯を注ぐことができます。

*お届けは今季は2017年1月以降となります。

 お問合せ・ご注文はこちらのメールへお寄せください。kegoya

 

 

 

TRACING THE ROOTS

9月7日からはじまっています合同展示会

『TRACING THE ROOTS 旅と手しごと』。

明日、9月10日(土)は最終日のMarket Day で、kegoyaも参加します。

  *今回は在廊しておりません。

『どこか遠くの、遠い昔からきたようなかご』というイメージで、

洗濯かごや素編みのかごなど、普遍的なかごから、

ポケット付きかご、柿渋染めのショルダーバスケット、トルソーなど、

少し不思議なかご細工も並べます。

その他、脈々と続く手しごとの作家さんたちの作品がたくさん集います。

泥染め、金工、織り、編み、陶器、キルト、ラグ、タッセル、草木の色・・・

旅するようにぜひご来場ください。

dsc_7141

dsc_7185

dsc_7142

dsc_7145

dsc_7166

dsc_7148

dsc_7176

dsc_7177

dsc_7183

renga_nan-ou

 

森エネルギー

先週になりましたが、お休みの日に友人たちとちょっとしたつる細工WSをしました。

お昼は木小屋でピクニック。

女子会でしたが持ち寄りしたのが

薪窯、薪、七輪など、本格的!

KIMG0502

kegoyaの昨年の最後の小麦粉をパン職人のまこさんがこねこね。

全粒粉入りのまんまるパンになりました。

KIMG0504

焼いている間におき火をもらって七輪で畑の野菜スープを煮ています。

KIMG0510

小麦粉で作ったピザやパンはあっという間に焼けて、中はふわふわ外はかりっと美味しくできました。

森のエネルギーのたくさん詰まった豊かな食卓になりました。

KIMG0512

ゆっくり頂きながら、今度は七輪ピクニックやりたいなーと話したり、女子会構想は盛り上がり。。

いつか七輪持ち寄りでたくさんの人と薪や炭のエネルギーを感じながらいろいろ焼いてみる七輪ピクニックを。。

おいしいことはぜひ!やってみたいです。

 

 

 

ヒナタノオト個展ありがとうございました

kegoya20160705

 

ヒナタノオトさんでの個展がきのう終わりました。

久しぶりのヒナタノオトさんでの展示、皆さまお越し頂き、ありがとうございました。

たくさんのかごをご用意したつもりでしたが、たくさんのお客様にお越しいただき、会期途中で作品が少なくなってしまいました。

会期後半に予定を組み楽しみにされていた方には充分ご覧頂くことができずお詫び申し上げます。

2日目の在廊日にお越し頂いたお客様に、こんな言葉を頂きました。

「初日に来ないと選べないのは分かっていたけど、2日目に残ったかごも作家さんがいいと思って編んだかごだから、そこから選べると思って。」

稲垣さんがブログに書いてくれたとおりの言葉をお客様からも頂きました。

お店からも、お客様からも生まれた作品を想っていただいて、ありがたい気持ちでいっばいです。

北や南の遠方からもお越し頂き、遠くの町でも使われると思うとうれしいです。器を作る作家さんにも選んで頂いたかごは、その方の作品と似たトーンのかごでした。その日の服装や用途にもよるので、かごは選ぶのに悩んでしまいますが、お客様が連れ帰ったかごはその方にしっくりきていて、お似合いの後ろ姿を見送ることができました。

たくさんの出会いがあったヒナタノオトさんで数年後になりますが、またの展示会を楽しみにしています。

写真は木小屋でお日様乾燥中のかごたちです。このあと旅立ちました。よかったね。

 

ヒナタノオト 個展

6月24(金)~29(水)東京・日本橋ヒナタノオトさんで個展を行います。
何年ぶりかしら、とドキドキしながらも、定番のかごや新作のかごなど色々できてきました。

木小屋の窓の外は山や畑が広がります。木小屋で生まれるかごたちは素朴な表情をしています。夏の太陽からもらったエネルギーを蓄えてのびのび成長し、冬は雪の中かたくなって身を守るつるや樹皮を使うので、しなやかであり丈夫なかごができる。ちょっと奇跡的なことだわぁなんて思いながら編んでいます。

詳細は近々お知らせページに載せる予定ですのでご覧ください。

 

KIMG0133

feveさんのかご展

桜前線が来たと思ったらコブシの白がちらほら。
と思っていたらそこには緑が芽吹き、
今度は八重桜が咲きほころんでいます。

駈け足の春ですが、きのうはグラジオラスやダリアなど、夏から秋に咲く球根を植えました。
忙しいときこそ花に癒されて元気をもらいたい計画です。
KIMG0105
こちらはツルニチニチソウの花とワイルドストロベリーの葉です。花柄のようで見とれてしまいます。

お知らせが遅くなりましたが吉祥寺のfeveさんで始まっているかご展にかごをひとつ、送りました。

今年は赤ちゃんもいたので1点の作品でしたが参加させていただきました。feveさんの展示するたくさんのかご群!ぜひお出かけください。

 

KIMG0064

 

木小屋に小さなお客様

春うらら~
赤ちゃんたちからたくさん風邪をもらった
冬も終わり、挽回するぞ~と木小屋に少しずつ引っ越しながらかごも編み進めています。

きのうはかわいいお客ちゃんが来てゆりかごゆらゆら、にこにこしてくれました。
うちの子たちは興奮しちゃってこんなに大人しく揺られてくれなかったわ~と思い出し、でも赤ちゃん連れのママたちのお役にたてるようでゆりかごもよかったね。

KIMG0017

KIMG0002

KIMG0001

 

 

ワークショップ中止のお知らせ

3月5日に予定していたぽたじぇさんでのキャンド
ルトーチづくりを体調不良のため中止させていただくことになりました。
ご予約いただいた方には楽しみにされていたところ、急なお知らせとなってしまいお詫び申し上げます。

家族全員インフルエンザにかかってしまいました。小さい子がいるうちは予約のものはまだ難しいんだなあと反省です。

厳しい寒さが続きますが、皆様あたたかくしてお過ごしください。

建ちました

念願の木小屋(けごや)が昨年、根雪になる前に建ちました。先日の寒波、心配しましたが、大工さんが梁を増やしたり筋交い入れたり、丈夫にしてくれたので無事建っています。屋根の雪も落ちるし、ひとまず冬は越せそうです。

 

KIMG0402

KIMG0440

KIMG0553

KIMG0554-600x450

明けましておめでとうございます

akemashite-400x495

昨年は坊やも無事産まれ、お姉ちゃんも赤ちゃんがえりから少し成長し、木小屋も建ち、夫も若手農業者として表彰されるなど、一歩ずつ前進できた年でした。私の編み仕事はほとんどできませんでしたが、今年はひとつずつお届けできるといいなと思います。

今年は6月にヒナタノオトさんでの展示を予定しています。おちびさん二人に振り回され、癒されながらも、なんとかその日を迎えられるよう、日々心がけたいと思います。
皆さまにとってもよい年となりますように。

再エネフェス

KIMG0258-400x300

明日、小国町で行われる『再エネフェス』に参加します。

石油資源だけに頼らず、森の資源を生かしたエネルギーを見直すイベントです。

小国町のペレットストーブなどの展示などもあります。

kegoya はだんなの炭も森の資源ということで声をかけていただき、今回はあけびの針山づくりのワークシヨップをやります。

針山団子をたくさん作りました。

再エネなので風車を刺繍しています。

お天気もつといいな~。

 

 

暮らしのカタチ展はじまりました

今日から福島のbiji さんで暮らしのカタチ展がはじまりました。

暮らしのカタチの巡回展も最後の福島にやってきました。

biji さんはお客さんとして行っていた好きなお店です。

けごやのかごはbiji さんで買った机で作られ産まれます。

このご縁がうれしいです。

けごやからはかご数点と花結びの鍋敷きを作りました。

東北とコラボする『東北とのカタチ』ではキャンドルトーチで参加しています。

どうぞお越しください。

 

 

木小屋を建てています

気付いたら11月です。funagoya の受注会も終わり、たくさんの方にお越しいただけたようで、牡鹿のお母さんたちもこれからうれしい忙しさです。冬が終わるまで納期を待ってもらってもご注文いただけたようで、本当にありがとうございました。

もうすぐ雪が降りますが、木小屋(けごや)がやっと建ちます。強風と屋根雪に耐えるよう、大工さんが太い梁をつけてくれます。

作業小屋兼展示もできたらな~と思っています。壁も編んだり椅子も編んだり内装が終わるまで、来年になりそうですが、かご作りと並行に形にしていきたいです。

今日は古い木枠の窓を洗いました。明日は大工さんが大きい梁を3本乗せる大仕事の脇で、窓にちまちまペンキを塗ります。色々と同時進行。まずは壁、屋根、窓。雪降るまでに間に合えばいいけど!

 

 

KIMG0202

 

ブログ木小屋便りが新しくなりました。

sample-photo1-600x395

                                                            Photo by  飯坂 大

ブログが新しくなりました。
以前のブログは引き続きこちらよりご覧下さい。

http://kegoya.exblog.jp/

メール不具合について

7月28日から10月11日までの期間に頂いたメールが、

10月12日に消えてしまいました。

この期間に一度メールをお送り頂き

こちらからの返信がまだ届いていない方は

お手数ですが再度お送りくださいますよう

お願いします。

一度こちらから返信差し上げている方は

履歴がありますので大丈夫です。

よろしくお願いいたします。

kegoya 熊谷茜